乳腺外来について

現在、保険診療と自費健診を行っております。
(堺市民検診による乳がん検診は、31年1月をめどに準備中ですが、自費検診を2018年11月より開始します。詳しくはこちらをごらんください。)
乳房周辺にしこりや、痛みを感じておられる方に対して、乳腺専門医による触診をはじめ、マンモグラフィー検査・エコー検査を行っております。また、穿刺細胞診検査等、必要に応じて詳しい検査を、一貫しておこなうことも可能です。マンモグラフィー読影医でありますので、撮影当日に画像診断の結果をご説明致します。(細胞診検査等の結果は、後日報告になります)
マンモグラフィー検査を担当するのは、女性技師です。恥ずかしい思いや不安な思い、気になる部分や痛みの箇所も伝えやすいと思います。また、専用フロアーにて、ゆっくりと安心して診察をお受けいただけるようご準備しております。

診察の流れ

受付(問診表の記入)保険証をご提示ください

診察・触診

マンモグラフィー検査(女性技師)

マンモグラフィー検査結果の説明

エコー検査(乳腺専門医)

エコー検査結果説明・・・・・ここまでの所要時間:約30~40分

詳しい検査必要とされた方は細胞穿刺検査など(検査結果は後日、再診時に説明)
*治療必要と判断された場合、ご希望の医療機関にご紹介させていただきます。

<参考>

提携病院
近畿大学医学部付属病院・府中病院・ベルランド総合病院
堺市立総合医療センター・耳原総合病院・和泉市立総合医療センター

おおよその保険診療の負担金(マンモグラフィ検査・エコー検査含む)

3割負担 3580円
2割負担 2390円
1割負担 1190円

お問い合わせの多い内容

乳腺外来の予約はいりますか?

A.マンモグラフィー検査は女性検査技師が不在の時間帯もございますので電話にてといあわせてください。時間や曜日をお知らせし、午後の時間帯であれば予約もしていただけます。なお、診察(触診)・エコー検査など乳腺専門医による診察は、予約なしでも受診していただけます。

乳腺外来は、どんな服装でいけばいいですか?

A 検査用の上着はクリニックにてご用意しております。
上着とスカートや、パンツなど上下別れた服装でお越しください。
(ジャンバースカーツやワンピースはお避け下さい)
なお、当クリニックでは、一般外来とは別に乳腺外来専用のフロアーを設けております。
検査着に着替えていただいたあと、一般患者様と会うことなく、すべての検査を終えることができます。専用のロッカールームにパウダーコーナーも設置しておりますので、お仕事や外出される前・後にもご利用しやすいようご用意させていただいております。

検査結果はいつわかりますか?

Aマンモグラフィー検査・エコー検査は、検査した当日に結果をご説明いたします。
細胞穿刺検査等は、およそ5~7日後の説明となります

マンモグラフィー検査は痛いとよく聞きますが、昔より痛くなくなりましたか?

A当クリニックでは、最新式デジタルマンモグラフィ装置を導入しております。従来の器機よりも、画質が向上した現在では、胸を圧迫する力が多少弱くてもきれいな画像がとれるようになりました。これにより痛みが少なくなってきております。また、従来の機器よりも胸をおさえる板や支える板の角が丸い形状になったため、脇や肋骨への痛みも軽減されるようになりました。

お問い合わせ

住所

〒590-0138
大阪府堺市南区鴨谷台2丁目1番3号アクトビル1階

E-mail/info@hiraicl.com

Tel/072-294-2010

診療時間

月・水・金
午前9~12時・午後5〜7時

火・土
午前9~12時

木・日・祝日(休診)

アクセス

泉北高速鉄道「光明池駅」直結
【詳しくはこちら】

© 2015 Hirai clinic. All rights reserved.

「本サイトへのお問い合わせはD2flatにお願いします」